ジャバリ・パーカー(MIL)、靭帯断絶で復帰に約1年

8日の対ヒート(MIA)戦で左脚ACL(前十字靭帯、Anterior Cruciate Ligament)を断絶してしまったジャバリ・パーカー(MIL)。そのパーカーの故障について、試合復帰には手術後約12ヶ月必要との診断結果が出たようだ。

Jabari Parker tears left ACL for 2nd time, will miss 12 months – ESPN

ケガの箇所がルーキーシーズンに痛めていたのと同じところ、というのがけっこう気にかかる。

ヤニス・アンテトクンボの大ブレークの陰に隠れて少し割りを食っている感もあるが、ジャバリも3シーズン目となる今季はかなりの成長の跡がみられる。とくに平均得点が20点を超え(昨季は約14点)、3ptシュートの成功率も36.5%と合格点に達している。チームのほうはまだまだ勝つの苦労している(22勝29敗、イースト11位)が、マルコム・ブログドンといういい新人SGが頭角を現したり、マイケル・ビーズリーが予想外の健闘をみせたり、あるいは長く故障欠場中だったクリス・ミドルトンがよやく復帰したりと楽しみな点も増えてきてる。とくに、ヤニス、ジャバリ、ミドルトンの3人がいっしょにプレイできるようになってこれからどうなるかという矢先の出来事で、このジャバリの故障・長期欠場はなんとも残念に思えてしまう。

コメントを残す