「ラスのパラドクス」を克服?サンダー、シリーズ3戦目でロケッツに競り勝ち

これだからプレイオフというのは面白い・・・ロケッツ(HOU)対サンダー(OKC)のプレイオフ・ファーストラウンド第三戦で、サンダーがなんとか競り勝った(115対113)。下馬評でも不利の見方が目立ち、実際に2連敗したサンダーだが、試合を重ねるごとに着実に戦い方を修正してきているようで、うまくやれば第7戦までもつれ込むのではといった期待も湧いてくる。ビリー・ドノヴァン(OKCのHC)は昨シーズンのプレイオフでもウォリアーズ相手に期待以上の有能さを発揮していたと思うが、かなり不利な選手の顔ぶれでよくもここまで、という感じも改めてしている。

スクリーンショット 2017-04-22 16.48.17

スタッツで目立つのは、ロケッツのアシストが10と妙に少ないこと、それにジェームズ・ハーデンのターンオーバーが7と比較的多いこと、それにフリースローも18分の18とかなり多いことで、あるいはハーデンに対するディフェンスで早めに圧力をかけて、といったことがあったのかもしれない。

サンダーのほうは、ラス(ラッセル・ウエストブルック)がうまくチームメイトを活かす方法を見つけたらしい。「48分間チームメートを信頼するという仕事をもっとしっかりやらないといけなかったが、今夜はそれができた」云々とコメントしている。第2戦でラスがベンチに下がっていた間にOKCが12点のリードをひっくり返された、などと聞いて、「だれかもうひとりスター選手がいてくれたら・・・」などと思ったものだが(もうひとりがポール・ジョージあたりだとどうなんだろうか)。

Russell Westbrook’s more reserved triple-double is just enough in Game 3 win – ESPN

スーパースターが孤軍奮闘してもチームはなかなか勝てない、というのはいまさら改めていうことでもない(最初の3ピート以前のマイケル・ジョーダンがそうだったとか、過去にいろんな例があるはず)。また「チームメイトの力を引き出せるかどうかも中心選手の技量のうち」といった指摘もよく目にする(レブロン・ジェームズはそれがうまい、とか)。チームゲームだから当然といえばそれまでかもしれないが、ラスがひとりで頑張ろうとすればするほど、相手チームとしては守りの焦点が絞りやすくなって、その分サンダーの勝ち目も減るという悪循環というかパラドクスがあり、そんな課題をOKCがクリアできたというのは、ラスにとってとても大きな進歩かもしれない(本当のところはどうだったのか)。

いずれにしても、OKCが次の試合を落とせば第5戦でシリーズの片がつく確率も高そうで、そうならないためにもラスにも他の選手にももうひと頑張りしてほしいと期待する次第。

バックス(MIL)、ラプターズ(TOR)に104対77で快勝。シリーズ2勝1敗に

バックス(MIL)が思った以上に強い・・・というより第三戦に限ってはラプターズ(TOR)がからっきしダメだったといったほうがいいのかもしれない。スタッツを見る限りはそんな感じがはっきり伝わってくる。FG33.8%(71の24)、チームアシストが11、またデデー・デローザンに至ってはFGが8の0(得点はフリースローの8本だけ)だったとある。

スクリーンショット 2017-04-21 15.53.28

無論油断は禁物だけれど、この分でいくと4勝2敗くらいでファーストラウンドを突破して、次はキャブズ(CLE)との対戦、となったりするのではないか(というか、そういう展開を期待したい)。

デヴィッド・フィズデイル(MEM HC)の切れっぷりがもの凄い

グリズリーズのHC、デヴィッド・フィズデイルが、スパーズ相手のプレイオフ第2戦でのあまりにお粗末な審判ぶりにぶちぎれていたらしい。これだけの剣幕できれるHCというのもめずらしいが、最後の捨て台詞“Take that for data”が大いにバイラルしたようでMEMではさっそくこのフレーズが入ったTシャツをつくってしまったとのこと。

「ピーナツバター&ジェリー・サンドウィッチ(PB&J)」はNBAチームの活力源

「NBA選手がはまる秘密の食べ物(”The NBA’s Secret Addiction”)」という見出しの付いたESPN特集記事がちょっとした注目を集めているようだ。

The NBA’s Secret Addiction – ESPN

下記のような感じで、スポーツニュースのSBNation以外にも、政治経済系?のQUARTZ、タブロイド紙のDailymail、それにライフハッカー(Lifehacker)など、いろんなジャンルの媒体でこの話題を取り上げていることがわかる。

The NBA is powered by peanut butter and jelly sandwiches – QUARTZ
Why NBA athletes rely on PB&J sandwiches to boost energy – and nurture their MENTAL health – Dailymail
Eating Like an NBA Star Is Easier Than You Think – Lifehacker
Luke Walton waged war against the Warriors’ trainer over PB&J sandwiches and won – SBNation

ネタ元となったESPN記事のテーマは、見出しに記したピーナツバター&ジェリー・サンドウィッチ(PB&J)。もっとも、話の中身や写真から推測すると、挟む食パンにも中身にもいろんなバリエーションがあり、ジェリー(=ジャム)もイチゴのほかに、グレープやクランチィ(“crunchy”?)といった種類もあるそうだ。

この記事の冒頭には、PB&JがNBAチームのロッカールームに用意される「定番スナック」になったきっかけに関する逸話がある。それによると、2007-08シーズンに優勝したセルティクスで、あるとき(2007年12月)試合前に空腹を覚えただれか(選手の名前は出ていない)が「PB&Jが食べたい(”Man, I could go for a PB&J”)」とコーチの一人に言った。このコーチについてはストレングス&コンディショニング担当のブライアン・ドゥ(Bryan Doo)という名前がある。そして、それを聞いたケヴィン・ガーネット(KG)が、「いいな、試してみよう(”Yeah, let’s get on that.”)」と言ったので、言われたドゥが手配して選手に食べさせた。その晩のゲームでKGは調子がよく、それで次の試合以降もPB&Jを用意することになった・・・。

プロの勝負師が験担ぎ(げんかつぎ)で決まったものを口にする、というのは以前に別のところでも見聞きした覚えがある(日本のプロ野球選手で登板前にはかならずカレーライスを食べる、というような投手がいなかったか)。このPB&Jの場合もそれと同じようなことだろう。

さらに、セルティクスが同シーズンに66勝して、NBAチャンピオンにもなってしまったものだから、この験担ぎの話を耳にしたほかのチームの関係者も興味を持った。また選手やコーチの移籍に伴って、ネッツ(KGとポール・ピアース経由)、グリズリーズ(トニー・アレン)、マジック(グレン・デイヴィス=ビッグ・ベイビー)、クリッパーズ(ドク・リバースHC)などでもこの習慣が取り入れられるようになった。

その結果、いまでは全チームがそれぞれ工夫を凝らしたPB&Jをそろえるようになっているという。PB&Jの種類については「20種類を用意」しているというブレイザーズの例が写真付きで紹介されていたりもする。

また昨シーズンのウォリアーズでは、新しく加わったトレーナーが身体によくない甘いもの(砂糖の入ったもの=チョコレートバーなども含む)をNGとする施策を実行したが、ルーク・ウォルトンHC代行(現在LALのHC)が先頭に立って選手を巻き込みながらPB&Jを復活させた、という話がSBNationでは紹介されている。

そんなPB&Jの「効用」については、「子供時代の記憶を蘇らせる」(それで選手は気分よくコートにたてる)といった精神的なものや、なかに含まれる栄養素(砂糖や塩分、タンパク質や澱粉)やその匂いが脳に刺激を与えて、ドーパミンやセロトニンといった神経伝達物質の分泌を促される、といった説明もある。

さらに、PB&Jは一個につきだいたい400〜500 カロリーもあって、決して身体にいいとはいえないものの、「腹を空かした選手に、アリーナ内のフードスタンドで売っているようなジャンクフードを口にされるよりはPB&Jのほうがよほどマシ」というチーム関係者の話も出ている)・・・だんだんおなかが空いてきた)。

NBAの各チームが選手に出しているPB&Jを「全種類食べられるサンドイッチ・バー」みたいなもの(飲食店)があればいいのにな。

デマーカス・カズンズ(SAC)、ペリカンズ(NOL)へトレード(どうやら本当らしい)

キングズ(SAC)が「どこにも出さない」と言い張っていたデマーカス・カズンズ(ブーギー)をペリカンズ(NOL)にトレードしたという。ちょっと眉に唾してしまう話だが、エイドリアン・ウォジナロウスキィ(The Vertical)の引っ張ってきたネタだから一概にガセとも言い切れない(本当だったら、また今年もウォジ爆弾が炸裂!といったところ)。

Sources: Kings agree to trade DeMarcus Cousins to Pelicans – The Vertical

トレードの内容は、SACがブーギーとオムリ・キャシピ(Omri Casspi)を手放し、NOLではタイリーク・エバンス、ラングストン・ギャロウェイ、新人のバディー・ヒールド、それに今度のドラフトの1巡目と来年以降のドラフトの2巡目の指名権を代わりに渡す、というもの。

オールスターゲームのMVPをとったアンソニー・デイビス(ブロー)とブーギーを組ませるというのは言うまでもなく実に興味深いこと、ただしそれだけでNOLがプレイオフ進出なるかというとちょっと微妙かもしれない(NOLのフロントは一貫して「何を考えているのかよくわからない」という見方も)。

よくわからないと言う点ではSACのオーナーやフロントも同様。とりあえず一旦全部チャラにして、ドラフトで獲る新人を核に出直しを図るつもりか、それとも23日のトレード締め切りまでに、もう一、二度何かを仕掛けるつもりなのか・・・。

その後「SACとNOLがトレードに合意」という記事がESPNにも出ているのをみつけた。どうやら本決まりのようだ。

Sources: Kings trade DeMarcus Cousins, Omri Casspi to Pelicans – ESPN

アダム・シルバー(NBAコミッショナー)とトランプ娘婿との「距離感」が気になる

最近はコート上のことからどんどん話題が逸れていってしまっているが、今日もまた場外ネタをひとつ。

ドナルド・トランプの娘婿(イヴァンカの亭主)でジャレド・クシュナーという(甘いマスクの)青年実業家がいることはすでにどこかで見聞きされているかもしれない。トランプの選挙参謀で、当選後は大統領の上級顧問にした人物である。

このジャレドに関する調べ物をしていて、NBAコミッショナーのアダム・シルバーがジャレドの人となりについてコメントしている記事を見つけた。

The couple moves in a predominantly liberal Manhattan circle. “Their social politics seem more what I would expect from New Yorkers of their generation,” said Adam Silver, the National Basketball Association commissioner and a friend of Mr. Kushner’s who has frequently contributed to Democrats.

The In-Law in the Trump Inner Circle: Jared Kushner’s Steadying Hand – NYTimes

Adam Silver, the N.B.A. commissioner, told me that, when the league was looking for a space for its retail store, “Jared was our unofficial, unpaid adviser.”

Adam Silver told me, of Kushner, “We’ve been to many sporting events together, not just N.B.A. events. We’ve been to Mets games together. We took the subway. He really raves about the hot dogs.”

Ivanka and Jared’s Power Play – New Yorker

同じニューヨークのユダヤ人、それも社交界に出入りする有名人もしくは金持ち同士となれば、クシュナーとシルバーが知り合いであっても一向に不思議ではない気もする。同時に「いっしょにMLBメッツの試合を観にいったこともある。地下鉄に乗っていったんだけど、彼奴は(球場で売っている)ホットドッグが実に美味いなんていいながら食べていた」というのは、「ただの知り合い」が口にするセリフとは思えない。

「社会的な問題などについてNBAの選手やコーチが自分の考えを表明するのは大いに結構」とシルバーがこれまで言ってきているのはご存知の通り。また、トランプが「メキシコ国境に壁をつくる」などと大騒ぎしていたその真っ最中に、「メキシコシティーでNBAのトーナメント戦をやれたらいいね」「いずれは新しいチームの誘致も」と発言していたことも伝えられていた。

Adam Silver discusses possibility of NBA midseason tournament in Mexico City – SBNation

さらに、ロンドンでの会見では「どこの国の生まれであれ、最高レベルの選手ならNBAでプレイできるにするのが大事」などとも発言していたという。

How bold will the NBA be in Donald Trump’s America? – SBNation

シルバーとクシュナーとの「距離の近さ」というのが本当のところどの程度のものなのか、その点が気にかかってしかたのない今日この頃。シルバーがオールスターゲームに合わせて行う記者会見でどんな発言をするかに注目したい。

アダム・シルバーの仲裁でニックス(NYK)オーナーとチャールズ・オークリーがひとまず手打ち

先週半ばからゴタゴタが伝えられていたニックス(NYK)のオーナー、ジェームズ・ドーランとチャールズ・オークリー(元NYKほか)との「大人の喧嘩」。この仲違いがアダム・シルバーNBAの介入により、ひとまず手打ちとなったようだ。

NBAコミッショナーがチャールズ・オークリーやニックスのオーナーと面会、マイケル・ジョーダンも参加 – NBA Japan

ことの経緯を簡単に振り返ると次のようになるかと思う(正確さには欠けるが、それほど大きく間違ってもいないはず)。

まず、8日のNYK対クリッパーズ(LAC)戦を観にマジソンスクエア・ガーデン(MSG)に来ていたオークリー(チームのOBにもかかわらず自腹でチケットを買って入場)が、試合開始後まもなく、MSGの警備員と口論・もみ合いとなり、オークリーは複数の警備員に通路の床にねじ伏せられた挙句、MSGからつまみ出された(その後暴行容疑などで警察に突き出された)

どうしてこのいさかいが生じたか、その真相はいまだによくわからない—ドーラン=NYK側は「オークリーが入場前から酔っていた」云々と主張したが、オークリーのほうはそれを否定。以前からオークリーとの仲の悪さが噂されていたドーランが、近くの席にオークリーがいるのを見て、警備員(従業員)を使って追い出しを図ったとの可能性もあり、反対にオークリーのほうが先にドーランに毒づいたという可能性も考えられるが、いずれも裏付けとなる証言などはまだ目にしていない(かつてアル中だったドーランに対して「お前がよくそんなこといえるな」というふうな声が外野からあがってもいたようだ)。

オークリーは現役時代ハードワーカー(身体を張って、一生懸命プレイする選手)としてNYKファンの間で人気が高かったため、オークリーに対するこの仕打ちをみたファンや、レブロン・ジェームズをはじめとする一部の現役スター選手などから、ドーランに対して反発の声が上がった。NYKの応援団長であるスパイク・リー(映画監督)は次の試合、オークリーの背番号「34」がついたジャージ着用でコートサイドに陣取っていた(オークリー支持、ドーランへの抗議の意思表示)。

(NYKファンとして知られる俳優のマイケル・ラパポートもオークリー擁護/ドーラン批判の論陣を張っている)

ところが、その後ドーランはラジオ番組の電話インタビューで「オークリーのMSGへの出入り禁止」を宣言。さらに、長年関係が冷え切っていたラトレル・スプリーウェルをMSGに招待して「和解」をアピールするなど、オークリーに対して当てつけるような真似さえしていた。

ドーランは以前からNYKファンの間で評判がよろしくない。直接的にはドーランがオーナーになってからNYKがすっかり弱くなってしまったからだろうが、そのほか「親の金で球団を買い、そのままオーナーとなってチームづくりに口出しした(親父はケーブルビジョンという大手ケーブルテレビ会社の創業者)」「知り合いのコネをつかって、イーグルスのツアーに前座として参加(自分のプレイする素人ロックバンドを参加させた)」といったことがよく知られている。さらに、最近ではやはり自分の経営するラジオシティ・ミュージックホールの踊り子さんたちに「ドナルド・トランプの大統領就任祝賀イベントに参加しないと、クビにするぞ」などとおふれを出した(のちに撤回)ことが問題視され、さらに評判を下げてもいた。

ちなみに、イーグルスの元マネージャーのアーヴィン・エイゾフ(Irving Azoff)というのは、フィル・ジャクソンとドーランを引き合わせた人物(その仲介でジャクソンがNYKの球団社長になった)。

オークリーのことに話をもどす。

アダム・シルバーは、上記のようなドーランの振る舞いを見るに見かねたのか、あるいは「これ以上ゴタゴタが続くとNBA全体の評判にかかわる」と判断したのか(もうすぐオールスター・ウィークエンドだし)、いずれにしても両者の仲介に乗り出した。ただし一人では手に余ると考えたのだろう、シルバーはオークリーのブルズ時代の元チームメイトであり、現在はホーネッツ(CHA)のオーナーでもあるマイケル・ジョーダンの力を借りることにした・・・。

といった感じである。

Commissioner Brokers Peace Deal Between James L. Dolan and Charles Oakley – NYTimes

さて。「そもそも、どうしてオークリーとドーランは関係がうまくいっていなかったのか」という部分が上記のような説明だけではわからない。だが、これについて手がかりとなりそうな情報を含むある記事のことを思い出した。昨年11月初めに出ていた下記のNYTimes記事である。

In Exile From the Knicks, but Still at Home in Cleveland – NYTimes

この記事を読むと、オークリーは「まるで無法松のような人」という印象が伝わってくる。無法松といっても三船敏郎の主演した映画ではなく、村田英雄の歌った演歌のほう—例の「口も早いが手も早い」男である。

たとえば

「オークリーはかつてチャールズ・バークレーと喧嘩になったことがある。しかもプレシーズンの試合でだ」( He once brawled with Charles Barkley — in a preseason game.)

あるいは

かつてアシスタントコーチをしていたボブキャッツ(元ホーネッツ)の選手について「あいつらは新しいことを覚えようとしない。誰か間違ったことをするやつがいても、見て見ぬ振りをするしかなかいが、自分にはそういうのができない」(“Guys don’t want to learn. If someone’s doing something wrong, you have to look the other way. I can’t do that.”)

そんなオークリーのことを「たぶん正直すぎるのかもしれない」(“Maybe too honest”)と擁護する子供時代の友人もいる。「しかし、あいつはずっと一切手抜きなしで働いて来たし、一生懸命働くことが正しいといまでも信じている」(“But he’s always been a relentless worker, and he believes in hard work to this day.”)

さて。ここからが問題の核心に触れるところ。

他者に対する厳しい意見を胸にしまっておけないオークリーは、そのせいでNYK(球団)と疎遠になっていた(略)NYKのフロントやコーチ、時々のスター選手を批判したことも何度かあった。2010年には(FAでキャブズからの移籍を考えていた)レブロン・ジェームズに「NYKはやめたほうがいい」と助言していた(略)ドーランのことをいろいろと悪く言ってもいた。

NYK時代のチームメイトのなかには、オークリーに対して、NYKにはもっと丁寧に対応したほうがいいという人間もいたが、結局あまりうまくいかなかった。

「あの親分(=ドーランのこと)はオレのことが好きじゃないんだ(略)オレのほうはドーランとサシで飯を食ってもいいと思っている。飯をこしらえてやってもいいとも思っている」
(間)
「ただし、何か(料理のなかに)入れるかもしれないけど」
(間)
「つまり、オレのほうから(第三者を通じて)ドーランに話し合いを申し入れたことがこれまでに少なくとも15回はあった。けれど、ドーランは会おうとしないんだ。ドーランと会って直接話ができたらとオレは思っている。ふたりだけで話をできたらいいと思う。ほかの人間が入ってこないようにドアに鍵をしてだ」
(間)
「ドアの外側に警官を待機させておく手もある」

His brand of — what is the word? — authenticity is not valued by everyone. Oakley has been estranged from the Knicks organization for years, a rift that stems, at least in part, from Oakley’s inability to keep some of his more caustic opinions to himself. He has, at different times, criticized the team’s front office, coaches and resident stars. In 2010, he advised James to avoid signing with the Knicks in free agency, which hardly endeared him to the organization. He has also called James L. Dolan, the owner, a bunch of bad names.

Former teammates have encouraged Oakley to be more polite in his dealings with the team, but without much success.

“The boss don’t like me,” Oakley said last week. “I wouldn’t mind having a sit-down dinner with Dolan. I wouldn’t mind cooking him dinner.”

Pause.

“Might put something in it, though!”

Pause.

“I mean, I had at least 15 people try to set up a meeting. He won’t meet. I want to sit down to talk to him. I want me and him in a room. And lock the door. Lock that door!”

Another pause.

“I mean, he can have the police outside the door.”

いかにも頑固で世渡りが下手そうなオークリーと、一癖あるドーランとの仲違いが、アダム・シルバーの「大岡裁き」でうまく決着するといいのだが(カーメロ・アンソニーの追い出しにかかっているフィル・ジャクソンの目に余る振る舞いもどうにかなったらいいと思うが)。

(1996年プレシーズンのゲーム。オークリーがバークレーに仕掛けている。20年も前のこととはいえ随分と荒っぽいことをしていたものだ)

「EQUALITY」ナイキ新キャンペーンのTVCM

人種や性別、宗教などによる差別に反対するメッセージを含んだ非常に政治色のつよいキャンペーンをナイキが新たに開始したようだ(というか、こういうところにまでいちいち政治が影を落としていると感じざるを得ないというのはなんとも嫌な感じ・・・「ゴルフやって仲良し」とか喜んでる場合じゃないぞ)。

Is this the land history promised?
This field of play.
Where the dream of fairness and mutual respect lives on.
Where you are defined by actions, not your looks and beliefs.
For too long these ideals have taken refuge inside these lines.
Equality should have no boundaries.
The bond between players should exist between people.
Opportunity should be indiscriminate.
Worth should outshine color.
The ball should bounce the same for everyone.
If we can be equals here, we can be equals everywhere.

グラミー賞と来週のオールスター戦の際にテレビ放映させるというこのCM、ご覧の通りNBAからはレブロン・ジェームズとケヴィン・デュラントが参加、ほかにテニスのセリーナ・ウィリアムズなども登場しているから、ナイキと契約するアスリートのなかでも各分野の代表格が顔を揃えたといっただろうか。

ジャバリ・パーカー(MIL)、靭帯断絶で復帰に約1年

8日の対ヒート(MIA)戦で左脚ACL(前十字靭帯、Anterior Cruciate Ligament)を断絶してしまったジャバリ・パーカー(MIL)。そのパーカーの故障について、試合復帰には手術後約12ヶ月必要との診断結果が出たようだ。

Jabari Parker tears left ACL for 2nd time, will miss 12 months – ESPN

ケガの箇所がルーキーシーズンに痛めていたのと同じところ、というのがけっこう気にかかる。

ヤニス・アンテトクンボの大ブレークの陰に隠れて少し割りを食っている感もあるが、ジャバリも3シーズン目となる今季はかなりの成長の跡がみられる。とくに平均得点が20点を超え(昨季は約14点)、3ptシュートの成功率も36.5%と合格点に達している。チームのほうはまだまだ勝つの苦労している(22勝29敗、イースト11位)が、マルコム・ブログドンといういい新人SGが頭角を現したり、マイケル・ビーズリーが予想外の健闘をみせたり、あるいは長く故障欠場中だったクリス・ミドルトンがよやく復帰したりと楽しみな点も増えてきてる。とくに、ヤニス、ジャバリ、ミドルトンの3人がいっしょにプレイできるようになってこれからどうなるかという矢先の出来事で、このジャバリの故障・長期欠場はなんとも残念に思えてしまう。